2018年12月01日

次は、4stDIO

走行距離も少なく、あまり乗らずに保管していた様で
全体的に綺麗な車両です。

DSCN3106.JPG

外装を取り外して、フレームなどをワックスで掃除する。

DSCN3107.JPG

エアクリーナーエレメントのチェック

DSCN3109.JPG

綺麗なので、掃除して使用

メットインボックスなどを洗浄

DSCN3110.JPG

キャブレターを分解して洗浄するが

DSCN3111.JPG

放置していたので、かなり汚れている
じっくりと溶かして洗浄・・・

これぐらいで、本日終了です。

posted by 店長 at 16:52| ホンダ | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

ライブDIO 完成です。

仕上げていたライブDIOを、最終チェックの試乗へ

問題無いので、プラグの交換をして

DSCN3088.JPG

洗車

DSCN3089.JPG

乾かしてから、新品のバックミラーを付け

コンパウンド入りワックスで汚れを落とし
仕上げ用ワックスで輝きを出す。

樹脂カバーには、コーティング剤を塗り込み
浸透させる為に、一晩放置。


浸透させていたコーティング剤を拭き取って完成です。

DSCN3101.JPG

<まとめ>

走行距離  古いので、不明です。
交換部品  オイルポンプシール交換・ブレーキブーツ交換・
      左右ミラー交換・プラグ交換
その他   キャブレター洗浄・スペアキー付き

ホームページにアップしておくので覗いて下さい。

ばいくや石守のホームページ


posted by 店長 at 14:32| ホンダ | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

ライブDIO グリスアップ

まず最初に、いつものネジ磨き

DSCN3077.JPG

メットインボックスなどを洗浄

DSCN3078.JPG

前後のホイールを取り外して、ブレーキシュを洗浄

DSCN3076.JPG

ブレーキカムシャフトにフッ素入り潤滑油を浸透させ
ブレーキシュが当たる部分にシリコングリスを塗る

フロント

DSCN3080.JPG

リア

DSCN3081.JPG

ブレーキケーブルなどのグリスアップを行う前に
リアブレーキのブーツが破れているので交換

DSCN3079.JPG

ワイヤーインジェクターを使い
防錆潤滑油を注入して汚れを落とし
グリススプレーでグリスを注入する。

フロントブレーキ

DSCN3083.JPG

リアブレーキも同様にする。

スロットルケーブル

DSCN3082.JPG

シートロックケーブル

DSCN3085.JPG

スタンドロックケーブル

DSCN3084.JPG

メーターケーブルにもグリスを塗る

DSCN3086.JPG

ハンドルスイッチに接点復活剤を塗る

DSCN3087.JPG

これぐらいで、本日終了です。



posted by 店長 at 18:25| ホンダ | 更新情報をチェックする